てんぺき日和

<   2013年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

サンディーの回復ぶり。。。

3月19日に肛門横の腫瘍摘出手術を受け

その後2回、都合三回もの手術を受けたサンディー。


少しずつではありますが、傷は回復に向かっています。



二回め手術は、開いてしまった傷口の処置を。

三回めは、思いのほか、取る範囲が広かった部分に

溜まってしまう体液?を取り除く為の、バルーンを。


そのかいあって、今は傷も狭まり通したバルーンの管

の太さに迄に



そして、肝心の病理検査の結果は

悪性のものでした‥…。


でも、命の危険もあると言われていた手術を

三回も乗り切ったサンディー。


そんな中、覚悟めいたものも感じてはいたし、

結果を知らされても、「あーぁ、やっぱり。」という

気持ちしか湧いてこず、珍しく冷静な自分自身に驚いています。。。


取りあえず、今の段階で取り除けるものは取り除いて頂き

後は投薬を続けながら、退院の日を待っています。


c0220927_22323299.jpg



昨日の面会ではやっと、オヤツ許可も頂きました

(今迄は、肛門横の傷を心配して、病院でのご飯も

 胃腸に負担の無いものを、と考えて下さっており

 オヤツの消化の心配もあって、獣医さんよりストップが‥…。)



いつもはボーッ。

何をされても、怒らない。

何をされても動じないサンディーですが。




ご飯、オヤツの時は別


それでも、てんぺき&オックンとは違い


オレがオレがは全く無し



静かに、密やかに、オヤツが口に入るのを

自分の前に来るのを待っているそんなサンディー。。。



そんな、サンちゃんのオヤツはと言うと。

kazuのgrazieな毎日 】のkazuさんから。


いつも、ありがとうございます



面会時、散歩をして、時々歩かなくなる(歩く事を忘れる?)

サンちゃんの鼻先に、このオヤツを突きつけると我に返ったように

慌てて食べて、そしてやっとまたゆっくり歩きはじめます。



そんな、のんびり、ゆったりしたサンディーのペースが好きな私。。。


不思議な事にこれが、まだ若いてんぺき&オージローだと

「もっと早く、歩いてよぉ。」となるのだけれど。。。



サンディーの周りにはとにかく、不思議な空気が漂っているよう


c0220927_22405612.jpg
c0220927_22404426.jpg



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村
[PR]
by niko-niko22 | 2013-03-30 23:07 | Comments(2)

夫の一大事!

付けておきながら、そんな大層なタイトルでも

無いのだけれどと


さて本題に。

先日、またまたお客様がお見えになるとかで

いつものラフな格好から一転、スーツ姿で出勤した夫。



車で近くの駅迄送った際、出勤する夫の後ろ姿を見て

気になった


ありゃ、スーツと言っておったが何やら上下の色が違わないか?

でも、まぁ、こんなそんなの私ですから‥…。

見てみぬふり?



その後、そのまま買い物に出て

家に帰りついた私に、夫からの電話。


会社の駅に着いてから、スーツの色が違う事に気付いたようで

「悪いけど、これこれのスーツの上着、持って来て」と。


「了解!」

と返事はしたものの、あんとき、

そう、あの駅で見送った時に一声かければ‥…。


もちろん、そんな事は夫には言えません。


だって、「気付いたら、言えよ。」と怒られるのが

関の山‥…。



そして、ええ、向かいましたよ、

大渋滞の中、車で夫の会社迄。


いつもなら、3、40分もあれば着くそこに

何と1時間半。


で、会社の前で

「おーぉ、悪い、悪い。」

「最近老眼進んじゃってよく見えなくてさぁ。」

と言い訳している夫。


でも、そもそもその上下

全く違うブランドですから。

(老眼でもそのタグの違いは分かるだろうと、心の中で突っ込む私。)

残念。


追記 この話を犬友さんにしたら、「ぷぷ、似た者夫婦なのかな。」と。

   そりゃ、困る。

   家に私が二人もいたら‥…。
[PR]
by niko-niko22 | 2013-03-28 12:50 | Comments(6)

あの、オージローがお見合いです!

先週に日曜日、我が家の保護預かり犬・狆のオージローがお見合いを

c0220927_23475442.jpg
c0220927_23474020.jpg


募集を開始してから、そろそろ一ヶ月、

なかなかお問い合わせが来ませんでした‥…。


その少し前に、同じく狆のお梅ちゃんの募集もかけていたのですが

こちらは大盛況?何件ものお問い合わせを頂きました。


皆さん良い方ばかりで

お断りをするのにも困ってしまう程。



それなのに、オージローは‥…。

やはり、障害を抱えていると難しいのだなぁ。

まだまだ、赤い糸探しには

時間がかかるのかなぁと、思っていた矢先に

頂いたお問い合わせ。



何でも、過去に高齢の保護犬ばかりを三頭も迎えられ。

そのコらを見送られた方でした。



オージローとの出会いで開口一番

「このコ、目が見えているのですね。」と驚かれ、

逆にこちらがその言葉に驚き、聞き返したところ、

今迄里親になったコらは

高齢の為か、皆一様に目が見えなかったとか。。。


「でも、ワンコって凄いんですね、

ちゃーんと生活出来るんですもんね。」


高齢で引き取ったコが、更に年を重ねて来て
 
人間と同じで?頑固になり、吠えて、噛むようにも。



「我が家にトリミンググッズ、揃ってるんですよ。」


「トリマーさんが家のコに噛まれながら、トリミングして

下さっているのを見て、申し訳なくて自分でするようになったんです。」


あまりの、噛み付きようにご主人と

「名前、ピラニアにしちゃおうか。」とも話されていたとか。


そう言った苦労を全く知らない私など、

それは大変な事だと思うのですが、

にっこり笑いながら

「でもね、どんなコも本当に可愛いんです。」

そんな様子、お話に感動。



お仕事の関係でお見合いに至る迄、少々時間があり

その間にメールのやり取りをさせて頂く中で、

信頼出来る人柄などが伝わって来ておりましたが、

思っていた以上に素敵な方。

何枚も写真を撮って下さって、本日出張でお見えになれなかった

ご主人に見て頂くそう。


抱っこされてる、オージローの顔が穏やかなこと

c0220927_23191998.jpg



その後、ご連絡を頂き、ご主人も合ってみたい言って下さり

月が改まったら、ご自宅にお伺いさせて頂く運びとなりました。


上手く行く事を祈りつつ、ご報告とさせて頂きます。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村
[PR]
by niko-niko22 | 2013-03-27 23:51 | Comments(6)

サンディーの頑張りに支えられて。。。

先週火曜日(19日)に肛門横の腫瘍摘出手術を受けた

サンディー。

実は、その後2度の手術を受けました。。。



最初の手術が終わった時点では、経過も良くこのまま行けば

2、3日で退院も出来ると言って頂いたのですが、大事を取って

翌週の月曜日(25日)迄病院へお願いする事に。



でも残念な事に、そのまま順調にとは行かなかったようで

翌々日、病院から電話が。


詳細については、「病院へ来て頂いて改めて。」と。



最初は何の事か分からず、随分早く病理検査結果が出たの

だと思い込んでいたのですが‥…。

獣医の先生から

「術後傷口が開いてしまい、これから再手術を致します。」

と伝えられました。


連れてこられたサンディーは、傷口を押さえる為か

お尻の周りをタオルで覆われています。

二度目の手術直前の写真

c0220927_1720996.jpg
c0220927_17195844.jpg


一度目でさえ危ないと言われていた、全身麻酔のリスク。

それを乗り切れるか。

不安や心配事は拭えないけれど、先生を信頼して

お任せしている訳で、後はサンディーの生命力を信じるしかない。


この選択は正しかったのか?

あのまま、放っておく選択もあったのではないのか。。。


一旦は成功したと思えたからこそ、後悔の念も強く。


前回のタイトルではないけれど、教えてサンディー。




夕方迄待っても病院からの連絡がありません。

悪い事ばかり考えてしまう。


時計の針がここ迄来たら電話をしようと、何度も決めたのに。

もう何回同じ事を繰り返しているのだろう。

日もどっぷり暮れ、意を決して電話をしてみると。。。


「あれ、ご連絡行ってなかったですか。」と。

少し驚かれているよう。

あぁ、忘れていただけなのかと。

少しだけ安心。



そして電話の向こうから

「無事、終わってもう麻酔からも覚めています。」のお返事。


はぁ。。。

助かった。。。

サンディー頑張ったね。


二度目の手術を終えて

c0220927_17205485.jpg
c0220927_17204149.jpg
c0220927_17202965.jpg



後は、傷が治るのと病理の検査結果を待つのみと

思っていた自分。



何の心構えも無く、ある日また面会に。


連れてこられた、サンディーの腕に点滴が

ご飯も食べて元気だと聞いていたの‥…。



聞くと「傷の状態が思わしくなく、これから三回目の手術をします。」と。



私が椅子に座ったままの状態で

点滴をしたままのサンディーを膝に。


言葉が無いとはこの事。。。

三回目。。。


全身麻酔。。。



いつもなら、黙って抱っこされているサンディーが

珍しく、あぅーぅ、あぅーぅと声をあげています。


これには看護士さんも驚かれて、

「いつもは鳴く事なんか無いのに。」

「甘えているのかしら。」と。


でも、何だか様子が可笑しい。


身をよじって、膝から下りようと。


慌てて、私が床にしゃがみ込んだと同時に

サンディーのお尻から、うんpがコロコロ。


あの、あぅーぅ、あぅーうはこういう訳だったんだね。

嫌だったんだね、ゴメンね気付いてあげられず。


でも、そのコロコロのうんpを見て何だか安心している

おかしな自分。

垂れ流しのものではなく、形がある。



片付けなければと思いながらも、点滴が付いた

サンディーを抑えながら、処置出来ずにいたら

周りの方が、手を貸して下さり看護士さんも呼んでくれ

そのまま、サンディーをお渡しして

先生のお話を聞く事に。

(まさかの展開だった為、今回は写真も撮っていません。)


「想像以上に、切り取る部分が大きくそこの空洞が

 上手く塞がらない」

「肛門括約筋にも影響があるかも。」

「今後また手術が必要になって来るかもしれません。」

そんな説明を受けました。

(きちんと理解して、聞けていませんでした。)




私の気持ちの中で、前回、前々回の

祈りや望みは薄れているようです。


あるのは、あきらめにも似た気持ち。



もうサンディーの心臓は限界だよね。

次に逢える時は、サンディーは息をしているかな?


でも、あのまま浜松の保健所で処分されるよりは

麻酔で苦しまなく逝った方が幸せ。

それとも、そう思うのは私のエゴ。



夕方になってもかかってこない病院からの電話。

今度こそ本当にダメだったんだ。


電話しなきゃ、確認しなきゃ。

ダメだった時の事、ちゃんと考えなきゃ。

何処に頼むのか。。。


まだ、ワンコを看取った事の(見送った事の)無い私。

何処で、どのように、処置すべきなのか。


さぁ、電話しなきゃ、確認しなきゃ。。。



その気持ちに背中を押され、病院に電話をして見ると。

何とサンディー、生きてました。

無事でした。


麻酔からもちゃんと覚めているそうです。




翌朝にはご飯もちゃんと食べたそうです。

まだ、逢いには行っていませんが。



病院へ電話を入れたら、そう教えていただきました。




病理の結果も出たようで、説明を受けに病院へ行ってきます。


どんな結果も受け止められそうです。


だって、サンディーは生きているから。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村
[PR]
by niko-niko22 | 2013-03-26 17:22 | Comments(4)

この選択、正しかったの?教えて、サンディー。

先週の火曜日、保護犬・狆のサンディーが

肛門横にある腫瘍の摘出手術を受けました。

c0220927_226257.jpg


c0220927_22113528.jpg


高齢で心臓の状態だって良くない、サンディー。

心配の種は尽きないけれど‥…。


サンディーの為に?

自分の気持ちの区切りの為に?

やると決めた手術。



どうか、上手く行きますように。

無事に麻酔から覚めますように。。。



そして、迎えたその日。



手術の無事を願って近くの神社のお参りも済ませ

指定された時間迄に病院へサンディーを連れて行き

手術に関する説明を受けて、後は運を天に任すのみ!



家で落ち着かなく待っている私の元へ

待ちに待った病院からの電話。


「サンディーちゃん無事手術終わりました。」

「もう、麻酔からも覚めています。」


やったぁ。。。

神様ありがとう!


サンディーは生きている。

生かされている。


「ありがとうございます。直ぐに伺います。」と

返事をしてすぐさま病院へ。



嬉しさと、チョッピリの不安の中

待合室で待っていると、呼ばれて診察室へ。


獣医さんから、無事に終わった報告を受けて

その後に続いた言葉は

「今、お連れしますね。」


えっ


さっき終わったばかりなのに、動かせるの?

そんなにしっかり覚醒しているの?

傷は大丈夫?

と驚いている私の目の前に、現れたサンディー


何やら色々体に付いてはいるけれど

苦しそうでも、辛そうでもなく、

いつものぼーっと(笑)したサンディーがそこに。


看護士さんから「さっき、うんpもきちんと出ました。」と

教えていただき、一番心配していた肛門の括約筋も大丈夫だったと安堵。


サンちゃん凄い!

ワンコって凄い!

この後、採取したものを病理に出して結果を待ち

その後、もし悪性と判断された場合の処置、治療?など

まだまだ、全てが終わった訳ではないと分かってもいるけれど

一先ず、そう一先ず。

少しずつ、少しずつではあるけれど

良い形で前に進んでいるとこの時迄は

そう思っていたのだけれど‥…。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村
[PR]
by niko-niko22 | 2013-03-25 22:17 | Comments(0)

我が家のぺきが、ユンバンチェンぽいと言われるその訳は?

今回の記事

いつにも増して、面倒くさいです


以前、ペキニーズの飼い主さんブログに

お邪魔していて、改めて気付かされた事。



白ペキニーズでもあっても、血統書をたどって行くと

先代には色んなカラーの組み合わせがいると!



我が家のぺき、何度か【ユンバンチェン】ぽいと言われた事あります。

初めて言われた時は、何の事やら分からず聞き返したものの

先方も詳しい事迄は、分からなかったのか?

白ペキニーズの一種だよとだけ教えてくれました。


本物のユンバンチェン様

c0220927_921066.jpg


ユンバンチェン様とパチリ。
左がぺき。

c0220927_935776.jpg


エセユンバンチェンのぺき
c0220927_943361.jpg


家に帰って調べると、ユンバンチェンと言われたそれは

中国で鷹版犬と書き、白ペキニーズのみを5代にわたり

交配させた、新しい犬種とやら。



そんな話を聞いていたのと、先程のペキニーズの飼い主さんの

記事が気になり、久しぶりに見てみたぺきの血統書。



なに、なに二人っこ(ここは二犬と書くべきか。。。)

男のコのぺきともう一匹の女のコのみ。


てんなどは、八匹の中の一匹とあるけれど‥…。


このへんに、てんぺきの性格の違いが?


誕生日はと、2008年11月5日のさそり座なのよね。




渡されてはいたものの、殆ど目を通す事が無かった

このJKCの血統書。


成る程、へーぇと色んな事に感心。


で、肝心な先代の配色は。。。

父、母共に白。

それぞれの、祖父母も白。


本犬を一代として、これで3代は白?


父方の祖父の両親(曾祖父母)も白。

父方の祖母の両親(曾祖父母)の

曾祖母も白。


そして、曾祖父(9)にBLK(黒)のアルファベットが。



前から気になっていた事。

まっ白なぺきの背中に一本だけ

そう、一本だけ黒い毛が。。。

成る程!



母方の祖父の両親(曾祖父母)も白。

母方の祖母の両親(曾祖父母)ですが

何と!(それとも、良くある事なのか?)

先程登場の曾祖父(9)が登場。

そして、曾祖母まで同じ。



ここ迄書いてて自分でも良くわからなくなってしまった。


ぺきの先代のカラーを確認するつもりが

父方と母方の祖母同士が、実の姉妹だった


ここ迄読んで下さった、皆様。

ありがとうございます


それにしても、JKCでは4代迄?

5代続いたと言われるユンバンチェンの血統書とは?

ジャパン ケネル クラブであるからか?

中国では?



謎は深まるばかりである


おいらは只の白ペキさ

c0220927_9175213.jpg


c0220927_9173894.jpg



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村
[PR]
by niko-niko22 | 2013-03-23 09:28 | Comments(1)

狆のきらり・疥癬治療一先ず終了!

ずっと病院にお世話になっていたきらり。

疥癬と診断され、計4回にわたる注射と、

20日間の投薬を終え、一先ず、治療終了。


完治までには、ひょっとしたら

もう少し、時間がかかるかも知れませんが。

(疥癬なかなか、手強い相手)



皮膚の状態も、表面上は問題無し。

c0220927_177423.jpg


こころなしか、お毛毛も少ーし生えて来たような

口元には、今迄気付かなかった?分からなかった?けれど、

狆特有の文様も

c0220927_1783575.jpg



保護直後

c0220927_18422116.jpg



c0220927_18505140.jpg


c0220927_1855250.jpg


表情が無く、疥癬によって赤くただれた皮膚に、はげ落ちた毛。

体重も2.8キロとガリガリに痩せていたきらり。

それが、退院時は3.8キロに!


毛艶も良くなり、目力が出て来て、

色んな表情を見せてくれるようになったきらり。


環境でこんなに変わるんだって事を

改めて思い知らせてくれました



お願いする事が出来る、預かりさんも決まりホッ!

ゆっきいのお預かり日記】のゆっきい家。

こちらで、日々美狆へと邁進中のきらりが



そのお宅に伺う前に、一旦我が家へ。

(今迄はシャンプーの為だけに、帰って来ておりましたが。)



家に入る前に、大好きなお散歩。

あらゆる物が興味の対象。

シッポをブンブン振りながらのお散歩は

そりゃもう、可愛いこと、可愛いこと!

動画アップが出来ないのが残念、無念。

c0220927_1728411.jpg
c0220927_17273776.jpg
c0220927_17272381.jpg
c0220927_1727492.jpg
c0220927_17264868.jpg
c0220927_17263143.jpg



家の中にサッシがある、不思議な我が家
(増築により。。。)

c0220927_17193299.jpg




c0220927_1794793.jpg


近!
きらり。
ボケボケだぁ

c0220927_17211448.jpg


念の為?一ワンコで

ケージの中へ。

夕飯迄暫く、お休み下さいな。

c0220927_17111553.jpg
c0220927_1711196.jpg
c0220927_17104758.jpg

c0220927_17124883.jpg


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村
[PR]
by niko-niko22 | 2013-03-21 17:53 | Comments(2)

5ワンコ・シャンプーは、腰にくる!

とある日、お天気上々。

洗濯日和ならぬ、ワンコシャンプー日和。


犬友さんの(ぽんぽこりんさん・ありがとうね。)アドバイスにより、

改善しつつあるぺきのカイカイ。


一時期ハゲハゲだった後ろ足にも、やっとお毛毛が生えて来ました。



酷かった、お顔の周りの赤みもかなり治まっております。

カイカイ完治とまでは行かなくても、体を掻く回数?もかなり減って

後は、上手に皮膚病(アレルギー)と向き合う!


その為にはとにかく、マメなシャンプーをと言う事で。。。



いざ、ぺきから始めてみたら、あのコもそのコもと!



結局は病院に入院(ホテル使用)のきらり迄お迎えに

行って、シャンプー。



ぺき&てん&オージロー&サンディー&きらり。

の5ワンコ。


トップバッターは、我が家の王子?ぺき。

c0220927_2392269.jpg



洗われ終わったら

てんと交代で風呂蓋の上に。

ノルバサンシャンプー(放置する事で)を浸透させてと。
c0220927_2310088.jpg


風呂蓋の上で大人しく出番?を待つてん。

c0220927_23191772.jpg


シャンプー後。

c0220927_23212041.jpg


これまた、ノルバサンシャンプー浸透の為暫し、放置。


その間、ぺきのシャンプーを流します。

c0220927_2322395.jpg


これが、てんぺきシャンプー時のパターン。


その後は、オージロー。

(小ちゃいから簡単、簡単。てんぺきの半分?)

でも、最近毛ぶきが良くなったともっぱらの評判

c0220927_2331028.jpg


c0220927_2339316.jpg


サンディーと続き。
c0220927_23333472.jpg
c0220927_2333790.jpg


最後はきらり。

極端に神経質になる必要は無いのかもしれないけれど、

かいせんと診断されたこのコ。

お風呂場を使うのも最後が良いのかなぁと。

これが、4回目のシャンプー。

お毛毛はまだまだですが、皮膚の状態は見る見る良くなっている

ように思います。

c0220927_23361750.jpg


いつものバイオチャレンジ沐浴で。

c0220927_23364351.jpg


ふぅ〜!

5ワンコ終了。

流石に、腰が‥…。

寄る年波には勝てません。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村
[PR]
by niko-niko22 | 2013-03-20 23:44 | Comments(6)

夫がね。。。

仕事から帰って来た夫がね。。。

「てんぺきくん、怒ってないからね。」と一言!


何、何、何???

どうした、どうした



普段はジャケットにスラックスのラフな格好の夫が

その日に限り、お客様が見えるとかで

一張羅のスーツを着てのご出勤。


会社について、椅子に座り足を組んだその時。

何やら、スボンに茶色い固まり?を発見。

既に、時間も経ってガピガピに乾いたそれは

どうやら、我が家のワンズのうんp。


ぺきであろうか、てんであろうか

c0220927_164972.jpg

はたまた、保護犬のオージロー?

c0220927_1643969.jpg

もしや、もしやあのサンディー。。。
c0220927_1645268.jpg


とそこ迄夫が考えたかはともかく

慌てて、洗面所に行って処置をしたと。


それが、冒頭の【怒ってないから】発言に



取りあえず、ゴメンねと謝ってはみたものの

いつ、何処で、どのように???

それが、スーツについたのやら


色んな事にザッパーで、どうしようもない私だが

夫の戦闘服?とも言える一張羅のスーツの管理だけは

きっちり、しっかり?やっているつもり


床に直置きする事などあり得ないし。。。



翌朝の光の中でその部分を確認しようと目をこらすのだか

良く出来た夫に、はたかれたそれは見事に跡形もなく

さりとて、匂い迄嗅いで、その部分を確認するのもはばかれ


そのまま、素知らぬ顔でいつものクリーニング店へ。

お店の方には土が付いたと言い訳しつつ。。。



そんな話を犬友さんに伝えたら、その方の預かりわんちゃんが

お腹が緩かったときに、おシリの周りに付いたゆるいブツが

シッポを振った時に、見事に周りと飛び散ったとか



そんな状況でもあればと思い返しても見るけれど

残念ながら?我が家では‥…。


ますます、不思議で分からない。。。


朝それを着た夫を、私は車に乗せて駅まで送ったし

夫は夫で、満員電車に揺られて通勤。

会社迄の一時間近く

その匂いに気付かなかったようであるし。


果たして、スーツに付いたあのブツは

本当にワンズのうんpであったのか?


クリーニングの仕上がりは本日夕方であるのだが。


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村
[PR]
by niko-niko22 | 2013-03-18 16:10 | Comments(2)

梅ちゃんからの?嬉しい便り!

c0220927_14581590.jpg


ぽんぽこりんさん宅で預かりをされていた

狆のお梅ちゃん、正式譲渡のご連絡を今週頭に

頂きました。

(ぽんぽこりんさんが、トップで既にご報告済みですが。。。)


記事にせねばと思いながらも、いつもの悪い癖で

ご報告が遅れてしまいました、すいません。


その後、里親さんから動物病院へ行って、お梅ちゃんの狂犬病予防接種と

お住まいの行政への登録代行をお願いされたと連絡を頂きました。



紆余曲折ありましたが、繋がるべくして、繋がったご縁。


お梅ちゃんにとって、これ以上の場所は無いと

胸を張って言える程の素敵な、お住まい、ご家族。


先週末に家族会議?で里親希望のご本人が

お梅ちゃんを正式に受け入れて良いかと

ご家族に相談されたら、

「エッ!お返しする事なんか考えなかったよ。」

と何とも嬉しい、有り難いお返事を頂けたようで


お梅ちゃん、晴れて里親希望さん宅のコに



ぽんぽこりんさん共々、本当に嬉しく思い

改めて良いお宅に迎えられた事に感謝しています。



ここでお梅ちゃんにまつわる内緒話を一つ、二つ

もうお嫁にいったから、時効と言う事で暴露。


実は私、お梅ちゃんに噛まれました

(一度目のトライアル先へ連れて行った時の事。)

人生半世紀、意識を持った?犬に噛まれたのは初めて。。。


以前大型犬に氷をあげようとした時、うっかりはありましたが

(このときは軽く内出血しただけ。)


しかし、このときのお梅ちゃんはマジ!

この変なおばちゃんが怖いよぉ。

逃げたいよぉの一心で。

(軽く、流血いたしました。オホ)




そして二つ目は、私が怖くて?の脱糞


二度目のトライアル先(里親さんになって下さったお宅です。)

での出来事でありました。


その日お梅ちゃんを、里親希望さん宅へぽんぽこりんさんが

連れて来ており、遅れて伺った私が、抱き上げようとした

そのとき。

ころりん、ころりんと、おむすびでは無いものが‥…。


そして脱兎のごとく私の手をすり抜けた、お梅ちゃん。


ここ迄、犬に恐がられるとは


犬にとって私は仲間だと思われていると

思っておったのですが。。。

だからこそ今迄、噛まれもしないで来たのではと。


うーぅん、まだまだ修行が足りません。

あの手、この手を駆使してですね、

心を痛めたワンコと向き合わねば

と思った出来事でした。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村
[PR]
by niko-niko22 | 2013-03-15 15:03 | Comments(1)



ホワイトペキニーズと狆
リンク集
お気に入りブログ
最新のコメント
お久しぶりです! ペキ..
by ゆずなべ at 00:37
ビックママさんへ。 可..
by niko-niko22 at 23:39
こんにちは! お預か..
by ビックママ at 17:06
ビックママさんへ 返信..
by niko-niko22 at 07:06
こんにちは。ふがれすのビ..
by ビックママ at 14:48
うさこさんありがとうござ..
by niko-niko22 at 00:36
ジンママありがとうござい..
by niko-niko22 at 00:31
え? えーーーーー?! ..
by うさこ at 20:47
てんぺきさん 悲しいお言..
by ジンママ at 18:30
ゆずなべさんありがとうご..
by niko-niko22 at 22:50
以前の記事
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧